ご挨拶が遅れました。


この度はあなたへこの手紙を介し、
わずか半年の実践で個人合計収益高1,422万円以上もの圧倒的な利益をはじき出した「MC Engine」と、
それを最大限に有効活用させる「100%独自制作ノウハウ一式完全譲渡」のご案内をさせて頂く児玉聖と申します。


冒頭からお伝えして既にご承知の通り、
この「MC Engine」という商品は、とある特定分野のビジネスに特化したツールを利用し、そのツールから巨額の利益を狙うというツールビジネスが主体となっております。


ひとえにツールと申しましても、
私が利用しているツールは現在主流のそれとは一線を画しているばかりか、

根本的に異質な性質を有したビジネスツールとして存在しているものだと、
この場を借りて先に申し上げておきます。



と言いますのも、「MC Engine」はそもそも既存のツールとは目的も用途すらも違う、

「ツールそのものから収益を吐き出させる」

といったニュアンスを含んでいるからです。





…と、「MC Engine」の解説の前に、
現在主流であるビジネスツールについてお話しておきましょうか。


まず「ビジネスツール」という「モノ」は、

「機械端末で利用するツール=デジタル的な道具」

という意味合い(定義)のもと、
パソコンやその他デジタル端末に免疫が無い方にとって、
どれも同じものだと思われている事が多いと思います。


「要するに、パソコン内で使う道具が「ツール」なんでしょ??」


おそらくパソコンに詳しくない方にとっては、
上記のような酷く抽象的な印象しかお持ちになっていないのではないでしょうか?


しかし実際はというと、
ビジネスツールと言ってもその種類は多岐にわたって存在しているのが実情であり、

その「目的」「主旨」「性質」「機能」「利便性」そして「品質」…、

ひとつひとつのツールにはそれぞれの特徴があるものなのです。


「人間」と一言で表しても、
その人間によっては性別も年齢も顔も性格も違いますし、
出身国も肌の色も血液型もDNAも違って存在しているように、

ツールにもひとつひとつが「全く異なったモノ」として存在しているわけです。
そこで、あなたは今現在、
どのような種類のビジネスツールがあるのかご存知でしょうか?


そして、たった今あなたはどのようなビジネスツールを思い浮かべたでしょうか?


例えば、ビジネス文書を作成・編集する「Word」、
計算書を作成・管理する「Excel」などといったoffice系のものでしょうか?





又は画像を編集・加工する「Photoshop」、
映像を編集・加工する「adobe premiere elements」、
あるいは会社の決算時期や確定申告用の収支報告書作成などに役立つ「弥生会計」などの会計ツール…、


などでしょうか?





その他に事務的なビジネスツールだけでも、
数えだしたらキリがないほどの種類が存在しているのが実情ですが、
多くの方が思い浮かべたツールは上記に似た性質のものだと推察します。


家電量販店などでよく置かれている商品でもありますから、
よく目に入ってくる分上記のものを連想してしまいがちなのでしょう。


ただ、上記に羅列したツールはあくまで事務的に活用されるものであり、
ツール単体で利益を出すことは出来ません。



事務的に活用されるツールは、
ご承知の通りあくまで事務作業を効率良く達成させるために開発、利用されているものであることから、
収益化には適していない仕様になっているからです。



それらのみならず、現在インターネット上に、
それも情報商材という市場に公開されているビジネスツール(ツール案件)も、
それ(ツール)単体では収益化には適していないと言えます。


販売ページ内では口でこそ「このツールがお金を生み出します!」と豪語されていますが、

実際は特定の作業を「多少簡素化」できるものであったり(メルマガスタンド等)、
何を根拠に商品を選定しているのか一切不明なせどりツールであったり、
「ロジック」「アルゴリズム」「メソッド」など横文字の単語を乱用しているだけで、

結局は一切根拠のない勝率を騙る投資系の自動売買ツールで溢れているのが現状だからです。



消費者の購買意欲を刺激するために販売ページにだけ力と時間とお金を掛け、
肝心のツール開発には一切力も時間もお金も掛けていない販売者で溢れているというわけです。



それは過去に、
そういったツール主体の教材を掴まされた方にとっては痛いほど知る事でしょう。


しかし「MC Engine」は、
開発当初から全く別の視点で製作が計画されており、
最終的には「収益化」というたった一点のみに焦点を絞り研究・開発されました。






事務作業の効率化などには目もくれず、
ただただ「収益化」という一点、
つまり私たち自身の「利益のみ」を徹底的に追求して製作されたのです。


これこそ、「MC Engine」が他のビジネスツールと一線を画し、
且つ現存のツール案件とは根底から逸脱した目的と性能を有する最大の要因になります。


そして「MC Engine」は、
私たちの望みを具現化したかのような卓越した性能と
切実に願っていた「究極の利益の獲得」という夢の実現を果たしたのでした。
そんな「MC Engine」ですが、
一体どのような経緯で製作が計画され、
そして完成するまでに至ったのか…。


おそらくあなたは心のどこかで不思議に思っている事でしょう。


ただ先に言っておきますと、
「MC Engine」は私自身が製作したものではありません。



実は「MC Engine」は私の友人である、
現役システムエンジニアが完成させたものなのです。



…話は2016年4月に遡ります。


当時、私は元々務めていた書店(ブック●フ)のアルバイトを辞め、
その経験から得られた中古市場の相場価格などを駆使し、
いわゆる「せどり」を主な収入源として生活していました。





しかしながら、
やはり古本を仕入れよそ(主にネット)に流し、
その差額で利益を得るという行為は思いのほか疲労するものですし、
利益が出たとしても所詮中古の書籍…。


手に出来る利益は微々たるものでした。


買値と売値の差額が大きい貴重な古本のみに絞ることも考えましたが、
そもそも貴重なのですから見つける事自体が困難でしたので、
それもあえなく挫折…。





差額の大きい貴重でマニアックな古本など、
中古市場に流れてくる事などほとんど無かったわけです。



ほとほとせどりビジネスに嫌気が指した2016年6月ころ、
ネットでよく見かける「ネットで金を稼ぐ系」の情報商材に興味が移り、
アルバイト生活で貯めていた100万円にも満たない少額の貯金を使って買い漁り始めました。


私が主に買っていたのは、

「毎月ネットで30万円稼ぐ方法!」
「私があなたをFXで稼がせます!」
「これであなたも不労所得者の仲間入り!」


といったような、
今も昔も変わらない宣伝文句を並べたネットビジネス教材です。


ジャンルとしてはアフィリエイトに始まり情報起業(有名な下克●にも手を出しました)、
メルカリ案件や通販ビジネス案件、
そしてFXなどの投資系案件が大半でした。


勿論、一度挫折したせどり系の教材は一切買わずに…。


しかし、私の淡い期待とは裏腹に、
販売ページで表現されている数字を再現できる教材には出会えませんでした。



今思えば、
当時の私は本当に食われている側の人間だったと思います。
とはいえ、一円も稼げないような教材ばかりではなく、
ごく小額ではありますが利益に繋がる教材があったのも事実です。


実際、情報商材を購入し始めて少し経過した2016年9月頃は、
販売ページ上の数字とは程遠いものの、
月間にして14万円程度の収益が得られるようになっていました。



なんとか食っていけるレベルの水準…といったところでしょうか?


ただここで、ふと我に返り、
現状の自分の生活を見つめ直した結果、
ある一つの答えにたどり着きます。


「バイトしてた頃の方が収入多いじゃん…」





そうです。


世間一般的に「底辺層」だと言われている「フリーター」だった頃の方が、
ネットで生計を立てている当時の自分より収入が上だったのです。



私は心の底から落胆しました。


日々試行錯誤しながらパソコンの前に十数時間張り付いている「今」より、
「今日の晩御飯なに食べようかな?」と別の事を考えながら、
やり慣れている仕事を淡々とこなしていた以前の自分の方が、
遥かにイイ生活を送れていたからです。



「自分は今まで何をやっていたんだろう…。
もしかしたら自分は、取り返しの付かない間違った人生の選択をしてしまったのかも知れない…。
もしもあの時、ネット業界に参入するのを踏みとどまっていれば…。」



そのショックは、
ネットビジネスに足を踏み入れた当初の自分さえ否定してしまう程でした。


しかし、月間でネット収入のみで生活できるレベルに到達していたのは事実ですし、
以前にとある記事にて、


情報商材を買い漁っているだけのユーザー:「ノウハウコレクター」

月間ネット収入10万円以下のユーザー:「ネットビジネス初心者」

ネット収入だけで生活できるユーザー:「ネットビジネス中堅者」

年間ネット収入1000万円以上のユーザー:「ネットビジネス上級者」

ネットビジネス事業で起業出来たユーザー:「ネットビジネス成功者」



といった情報を見ていたことから(うろ覚えなので実際の内容は違うかもしれませんが…)、

自分より遥かに低い収入しか稼げていない人間がいるという事実に加え、
自分はこれでもネットビジネス中級者なんだと、
少しは救われた気持ちになったのも事実です。



とはいえ、やはり当時の収入状況から、
ネットビジネス自体を辞めてフリーターに戻る選択肢が消えるわけではありませんでした。
そんなある日の2016年10月初旬、
中学生時代のクラスメイトから地元で同窓会が開催されるとの誘いがあり、

「懐かしいメンツで飲めるなら少しだけでも顔を出そうかな…」

と、久しぶりに電話で話した友人の誘いを二つ返事で返しました。


友達の会社とかで雇ってくれないかな…。
良い就職先なんかも紹介してくれないかな…。


などと図々しい期待を寄せながら…。


人として終わっている邪な思いを胸に、
中学生時代のクラスメイトとの再会を果たしたわけですが、
友人たちとの会話は思いのほか盛り上がり、
現実の最悪な状況から逃れ談笑にふけっていた時でした…。


私の斜め向かいの席に座っていた友人Sが、
彼の隣の席に座っているクラスメイトに対して、

「ネットビジネス」

の単語を発した事に気が付いたのです。


当時の私はネットビジネスに参入してからまだまだ日が浅かったものの、
現在自分が身を置いている業界の話題にはひどく敏感になっていたのかも知れません。


小声で話している友人Sの声を一瞬で拾ったわけですから…。





ただ、自分が現在進行形で首を突っ込んでいる世界の話をしている友人Sとは当時、
クラスメイトではありますがこの日まで友人と呼べるほど親しくはなく、
連絡先はおろか学生時代でさえ一言二言しか言葉を交わしたことが無い間柄でした。


しかし彼が「たった今」私と密接に関係している業界の話をしている様を見て、
私は居ても立ってもいられず彼の隣の席を他のクラスメイトから譲ってもらい、
「初めまして」の挨拶もそこそこにネットビジネスの話題を掘り下げたのです。


「何でネットビジネスの話をしているんだ?」
「ネットビジネスに興味があるのか?」
「それともすでにネットビジネスをやっているのか?」




私は自制心を忘れ、
友人Sが何故ネットビジネスの話をし始めたのかを、
攻撃的な質問の連続で直接本人に確かめました。





…今思うと、彼から見れば私は非常に失礼な人間に映っていたことでしょう。


事実、彼はそのすぐ後私に、

「全然話した事なかったのに、さっきのお前の興奮度、さすがに引いたぞ!(笑)」

と言われたほどですから…。


ですがこの事がきっかけで、
当時の友人Sと親交を深めることが出来、
そして「MC Engine」の完成が達成させられたのですから後悔はしていません。



…話を戻しますが、
私の質問と勢いに対し引き気味になっていた彼は、

当時からネットビジネスに対し多少興味を持っていたこと、
そしてこの同窓会でネットビジネスに詳しい人が居れば、
知的好奇心を満たすために色々な業界の話を聞こうとしていた事などを話してくれました。



そこで私は、

少し前まではフリーターで居たこと、
それを辞めてせどりに手を出したこと、
今度はせどりを辞めて情報商材を買い漁りだしたこと、
そして今ではなんとか生活できるほどの収入をネットで稼いでいること、


などなど、当時の現状を赤裸々に告白していきました。


その後は、


「そもそもネットビジネスって何なんだ?」
「どうやって金が稼げる仕組みになっているんだ?」
「他にもどういう種類のネットビジネスがあるんだ?」



という友人Sの質問にも全て答えていったのです。


その過程で彼は私に、

「これまでに買った情報商材とやらは、
ほとんどがPDFファイルの電子書籍なんだろ?
まだパソコンの中にあるなら、いくつか俺に譲ってくれないか?
勿論、多少のお金なら出すからさ」


と、当時私が所有していた情報商材を売ってくれと持ち掛けたのです。


正直、この話に乗り販売価格の10~20%で友人Sに売れば、
苦しい生活を送っていた私にとって良い小遣い稼ぎになるだろうと一瞬心が揺らいだのですが、
いかんせん販売ページと中身の差が大きい教材が多かったので、

私は、

「いや、興味があるなら全部やるよ。
決して安い買い物じゃなかったけど、
その分良いノウハウとも言えないモノばかりで、
お前に売って文句言われても困るからさ。
ただその代わり、今度キレイな姉ちゃんが居る店の一軒でも奢ってくれよ。」



と返し、彼はそれを快諾してくれた後、
お互いの連絡先とスカイプ名を交換しました。
…それから数日後、
既にスカイプで教材を渡してあった彼から電話が掛かってきました。





友人Sが私に相談してきた教材は、
私が2016年6月中旬に購入した情報商材で、
内容的には上記の一連の作業を淡々とこなすだけというものでありながら、

行程的にその作業時間は膨大なものになってしまい、
一日6時間から10時間ほどを要するものでした。


それでいて一日に換算した収益額は2、100円から2、800円程度と、
内職にも劣る極めて少額しか稼げないノウハウだったので、
たったの2週間ほどで実践を辞めてしまった教材だったのです。






こうして、友人Sによる「MC Engine」の開発がスタートしたのでした。


今思うと、友人Sが現役システムエンジニアであったことは、
私にとって非常に幸運であったとともに、
何か運命的なものを感じざるを得ません…。
現役SEである事を私に打ち明けた友人Sは、
昼間は現在も務めている会社で業務に励み、
夜間は「MC Engine」の開発に没頭していました。



SEという職種は、
プログラマーを含めネット上などでは「IT土方」と形容され、
時間外勤務や元受けの無理難題が当たり前だとの評判が後を絶たず、
肉体的に、そして精神的に疲労やストレスが溜まるハードな業種だと言われていますが、

幸いなことに友人Sが勤務している会社は比較的ホワイトな待遇であったために、
「MC Engine」の開発に着手することが出来たのです。



その間私はというと、
月収14万円前後のネット収入を維持しつつ、

もし友人Sが本当に理想のツールを完成出来たことを想定して、
ツールではなくノウハウの部分での効率化を研究していました。







そうして月日が経ったおよそ1か月後…、
友人Sは遂に「MC Engine」のデモツールを完成させたのです。


興奮気味に友人Sから電話が掛かってきたのは、
完成させた土曜日の夜中1時頃のことでした。





あくまでデモツールとは言え、
本当に友人Sがツールを完成させたという事に、
私は子供のころに両親から貰った誕生日プレゼント以来の興奮を覚えました。


そして、まだまだ収入が低かった当時の私は、
なけなしの所持金をはたいて友人S宅へタクシーを飛ばしたのです。


友人S宅へ到着後、
私は完成したデモツールの隅から隅まで直に触らせてもらい、

「ここはこういった事が出来る機能」

などといった友人Sの解説に耳を立てながら聞きました。


直に気のすむまで触った後、

「じゃー、早速使ってみるか!」

という話になり、
以前に実践を途中で辞めてしまった例のノウハウを、
デモツールを織り込んだ形で再開したのでした。


…しかしながらその後1週間の実践後、
結果は友人Sの理想としていた収益額には僅かながら及ばないものとなっていたのです。



確かにデモツールを利用することで、
作業時間や作業量の大幅な短縮には成功していたものの、

友人Sには想定していた収益額があったようで、
そのラインには30%ほど到達出来ていなかったのです。



「あくまでデモツールだし、
時短が達成しているだけでも十分成功って言って良いんじゃないか?
収益額だって前とは比べ物にならないくらい跳ね上がったしさ。」



私のフォローをよそに、
友人Sは自分の悔しさを前面に押し出した表情を浮かべながら、

「…ちょっとまた手を加えて良いか?」

と、デモツールの改良を提案したわけですが、

私は先ほども本ページで言ったように、
デモツールの完成を想定した上で、ノウハウ(収益)の効率化を研究していました。



そのことがあり私は友人Sに、

「手を加える前に、
俺が考えたノウハウでもう一回ツールを動かしたいんだけど、良いか?
だから改良を加えるのはまた一週間後ってことで…」



と提案しました。


自称ではありますが「ネットビジネス中堅者」として、
多少の知識やノウハウは持っているつもりでしたし、

何より今回試行錯誤して得られた収益効率化の研究結果には自身があったからです。


友人Sから渋々ながら了承をもらったあと、
私は本来のネット収入源を一旦放棄し、
手元にあるデモツールを利用して独自ノウハウでの実践を開始したわけです。
思った通りというべきでしょうか?


このデモツールの製作話が無ければ考えもしなかった私の独自ノウハウは、
一週間前に実践した結果より670%ほど上昇した収益額と変貌していたのです。





ツール無しの時代の収益額からは、

およそ5,925%から7,900%以上(※一週間集計)

の上昇率です。


勿論、究極に短縮された作業効率はそのままに、
私のノウハウを織り交ぜることで収益額の面でも圧倒的に改善され、
もはやこのビジネス1本で十分生活できる域にまで飛躍していました。


いえ、この作業性と収益性ならば、
僅か数時間の作業時間で月収100万円の生活など、
瞬く間に達成させられると悟っていた事から、


悠々自適に、思うがままに、
ストレスフリーで暮らしていく事すらも叶ってしまうのは、
火を見るより明らかでした。


この結果の鍵としては、
友人Sが開発してくれた極めて利便性の高い時短性能に始まり、
私自身が研究した収益効率化ノウハウがあったからなのですが、

その起爆剤の役割を果たしたのは、
デモツールと独自ノウハウをリンクさせた某市場です。



ツールが無い時代に実践していたビジネス市場とは似ても似つかない、
私が選定したネット上の某市場が決め手だったわけです。


おそらく本来の市場をそのままターゲッティングしていたならば、
作業効率化と時間短縮に伴う収益上昇率は成し遂げられていたものの、

さすがに月7桁に及ぶ、
圧倒的に破格の収益額には到達出来ていなかったことでしょう。



とにもかくにも、
この史上最高の結果に対し私と友人Sの間では、

「ツールの改良余地はもはや存在しない。」

と結論付けられ、
ここに「MC Engine」の原型が遂に誕生したのです。
さて、本ページを読み進めて頂いているあなたは、
既に「MC Engine」の特性を理解して頂いている事と思いますが、
一言で言うと

「本来ならば膨大で過酷なルーチンワークを、
たった一つのツールで一括管理しながら作業量、作業時間を大幅に短縮して実践できる」


というのが「MC Engine」の特性です。





従いまして、
ただただ決められた作業を繰り返し行うのが苦痛だと感じる方にとっては、
喉から手が出るほど欲する非常に優れた性能だと自負しています。


考えてもみてください。


例えば残業を含め一日10時間ほど掛かる会社での勤務作業が、
たった60分程度で終了してしまう夢のような話を…。



それのみならず、

私の経験を持って生まれた独自ノウハウでの実践を踏まえれば、
作業性のみならず収益性までもが飛躍してしまう副業ツールを…。



おそらくあなたは、

「そんなバカな話あるわけねーだろ!!」

と心の中で叫んでいることでしょう。


しかし友人Sが完成させ、
私が収益効率化を成功させた「MC Engine」は、

過去半年だけで“個人”合計収益高は1,422万円を叩き出しています。
※下記の銀行口座は、本ビジネスの収益受け取り専用に開設した口座になります。






一か月平均、およそ237万円相当の収益を稼いだわけです。


この圧倒的な作業性と収益性が付与されたモンスターツールは、
私の知る限り本業界には未だ出現していない一級品だと言えます。


だからこそ私は、
ただただ決められた作業を繰り返し行うのが苦痛だと感じる方にこそお勧めしたいのと同時に、

これまで「ビジネスツール」を題材にした教材で、
一度たりとも芽が出なかった方に使っていただきたいと考えています。
私たちは、

作業量効率化の問題は解決した

それに伴う作業時間の大幅な短縮にも成功した

独自ノウハウとの融合で収益性さえも飛躍させた


という最上級の三拍子が揃った当初、
一度は「MC Engine」に対しこれ以上の改善は必要無いとの決断を下しました。


何故ならツールビジネスを行っていく過程で、
上記の3つの要素が揃ってさえいれば、
稼いでいく上では何の問題も無いはずだと思ったからです。



しかし、「MC Engine」のデモンストレーションを含んだ実践過程で、

「こういった機能があれば“使っていく”上でさらに便利になるかも…」

といった、「ツール利用者目線」で私が感じた事がいくつか浮き彫りになり、
当時の「MC Engine」はまだ完成とは呼べない代物でした。


と言いますのも、
ツールの大まかな機能や目的、つまりは主旨や性能などについては、
既に完成と言って差し支えないものではあったのですが、

あくまで「利用者目線」から感じた、
ツールの操作性の改善が必要だと思ったのです。






基本的にツールを動かしていたのは私でしたし、
友人Sは開発当時、ツールの性能ばかりに気を取られていましたので、
使う側の操作性についてはあまり考えていなかったようです。


そういった、いわば「操作の利便性」の改善を訴え
修正箇所をいくつか指摘したところ、
友人Sは快くそれを引き受けてくれました。


ただ、ツールの利便性を追求していく過程で、
私にとって不測の事態が生じたのも事実です。


ツール及びシステム開発特有の…そう、バグです。



ひとつひとつの修正が加えられる度に、
私がテスト作業を片っ端から行っていたわけですが、
正常の場合は組んだ通りのプログラムが処理されるのに対し、

稀にそのプログラムが正常に処理されなかったり、
追加されたプログラムの影響で他のプログラムが誤作動を起こすという事態が起こったのです。



ですが友人Sから言われたのは、

「システム開発でこういったバグの出現は日常茶飯事だから、
そんなに焦らなくてもいいぞ。
修正すればいいだけだし。
ま~ちゃんと動くようにするからもう少し待ってな。」


という言葉でした。


ツール自体が死亡したと大げさにショックを受けていた私にとって、
本当に安心できた心強い言葉でした。


そうした流れを何度か繰り返し、
ようやく私と友人S両者が納得の行くツールが完成したのです。


当初は「MC Engine ver 1.0」であったものが、
2016年12月初旬のこの頃には「MC Engine ver 1.6」へとアップグレードされていました。





そう、今本ページ上でご案内し、
これからあなたに納品させて頂こうとしている、
「MC Engine」最新の姿です。



私たちの理想を追い求めた神話級のモンスターツールが、
この瞬間に誕生したわけです。


無論、作業効率化と収益効率化の「性能」と「品質」をそのままに、
さらにツール利用者目線を追求した「利便性」を引っ提げて…。
私はネットで収入を得ていく過程で、
決して多くはありませんが既存のネットビジネスユーザー達との交流がありました。


私からコンタクトを取った人もいますし、
向こうから連絡を貰って繋がった人もいます。





そのユーザーたちは各々で様々な分野で活動しており、
アフィリエイターとして活動している人もいれば、
せどり、オークションビジネス、そして最近流行の仮想通貨で収入を得ている人などなど、
本当に多種多様な分野で活動している人たちです。



その中でネットビジネス上級者、
つまりネット収入が月間100万円を超えているユーザーが二人いるわけですが、

二人のうちの一人であるK氏は、
「MC Engine」が稼働させるビジネス市場で活躍している人でしたので、
私は最終的なテストの意味も込め、
K氏に「MC Engine」を紹介してみたのです。



K氏には「MC Engine」の製作動機から完成までの経緯を話したうえで、
ツールの目的や性能も解説し、
そして実際の使い方を伝授して

「試しに使ってみてくれませんか?
是非、K氏の感想が聞きたいのです。」


と持ち掛けたわけです。


理由としては、
先ほども言ったように最終的なテストの意味もあったものの、
一番の目的は

“第三者による実際の評価”

が聞きたかったからです。


「MC Engine」が対象としているビジネス市場において、
既に月収100万円を継続して稼いでおられるK氏ですから、
当初はあまり良い評価を期待していなかったのが正直なところでした。



良い評価どころか、
辛口なコメントで酷評されるのも覚悟の上だったのです。


しかし私たちの予想とは裏腹に、
K氏から頂いた評価は極めて高いものでした。


「そうだよそう!こういうの!
こういうのを待ってたんだ!」






これほど嬉しい一言があったでしょうか?


私はもちろん、
発案から設計、そして試行錯誤の末完成させた張本人、
友人Sにとって、

この一言は全身の毛が立つほど嬉しいものだったようです。



何故ならテストモニタを依頼した第三者は、
長期にわたりその業界で100万円以上を稼ぎ続けている本物のネットビジネスマンであり、

その人物のお墨付きを得たという事は、
素人のみならずその道のプロの目線からも


「高機能かつ高性能」

である事の裏付けであったからです。


もちろん、K氏がこれまで行ってきた対象市場上でのビジネス作業は、
私たち同様に大幅に短縮することに成功していました。


また、「こういうのを待ってたんだ」といった一言から、

「MC Engine」は本業界には流通していない、
最先端の特性が付加されたツールだと断言できるのではないでしょうか?



何故なら、その市場で長い時期に渡って活躍してきた人物が今まで一度も見たことのないツールだという事は、
必然的に「そもそも存在していなかった」ものであるかもしれないからです。


いずれにしても「MC Engine」は、
私自らの実績及びK氏から頂いた評価から、
性能及び収益性が極めて優れたビジネスツールを、
私たちはあなたに提供できそうです。
かくして、業界のプロであるK氏から絶大な評価を頂いた私たちは、
いよいよ本格的に「MC Engine」を自分たちで稼働させていき、
その収益を荒稼ぎしていくだけになりました。


長期的にこの優秀な性能を保ったまま、
圧倒的な収益性をも維持できることを確信していたのです。



ですがテストモニタを依頼していたK氏からは、
私たちが思いもしなかった事を言われました。


「ここまで高品質なツールなら、
これを必要としているユーザーはごまんといるはずだ。
だからこのツール、いっその事売ってみたら良いんじゃないか?」






ただただツールを開発したいだけであった友人Sにとって、
そしてただただそのツールから利益を稼ぎたいだけであった私にとって、
それは一切考えもしなかったことでした。


そもそも「ネット上で自ら商品を販売する」という概念が無かったからです。


当時の私たちは売り方も分からなければ、
第一にこのツールを「商品化」する術も知らなかったわけですから…。



ただ、K氏から独自コンテンツの商品化方法や、
その販売方法などの簡単なレクチャーを受け、
どこかの企業でもない素人でもネットで商品を販売できる事を知った私たちは、

次第に「MC Engine」を販売する方向へと考えが傾いていきました。


「MC Engine」を稼働させ利益を稼いでいく傍らで、
「MC Engine」自体の販売利益も重なっていくわけですから、
相乗的かつ最終的に私たちのメリットは大きくなると想定してのことです。



しかし、販売する以上、
ツール自体から得られる私たちの利益が減ってしまう可能性も否定できませんでした。
はい、そうです。


「MC Engine」の大量生産は、
現状の収益性を徐々に損なわれる可能性があるのです。



と言いますのは、ネット上で販売する以上、
特定多数のユーザーに「MC Engine」が提供されるわけで、

必然的に私たちが対象としているビジネス市場の人口(新規参入者)が増えて行きます。


あなたもご存じの通り、
人口増加の影響で対象としているビジネス市場の需要と供給比率が崩れれば、
競合性が高まり飽和してしまう危険性が必ずや出てきてしまいます。


つまり、「MC Engine」を大量生産してしまえば、
現状の極めて高いツール自体の収益性が損なわれ、
私たちの“不利益”に直結する事になるのです。






そんな事になってしまえば元も子もありません。


破格の“純利益”を徹底的に追求してきた結果が、
逆に稼ぎづらくなってしまう事態は絶対に避けなければならないわけです。



この事から、
「MC Engine」の大量生産は不可能とさせて頂きます。
とはいえ大量生産と言わず、
私たちが対象としているビジネス市場の規模から、

およそ300本ほどの納品であれば市場の需要と供給比率にさほど影響は無く、
現状の収益性はおそらく維持できると予想します。



この意見は私と友人S、
そして継続月収100万円プレイヤーであるK氏全員で一致したものでした。


従いまして「MC Engine」の提供数は、

先着300名様限定とさせて頂くことをご了承ください。





後にも先にも、
これ以上の出荷は一切行わない事も同時にご理解いただければと思います。


ただ上記の300名までといった予想は、
あくまで「現状」の市場規模を想定してのことですので、
未来予知能力を持っていない私たちにはハッキリと断言する事が出来ません。


この事から、
正直なところ「MC Engine」は提供数を極力抑えておいた方が、
私たちの今後の利益を守るうえでは無難だと判断しました。



従いまして完全限定数300名様までという前提はそのままに、
ある一定の期間でご提供価格を変更させて頂こうと思います。


つまり、価格変動でご提供数を極力抑える事も併せてご理解頂きたいのです。





「MC Engine」の販売利益より、
「MC Engine」自体の収益性保守の方が圧倒的に重要なのは、
既にあなたもご存じの事と思います。



何卒ご容赦頂きたく存じます。


そして最後にもう一つ…。
また、「MC Engine」の製作段階の際、
本ページで既にお話しした通り私は「実践ノウハウ」の面で研究を行ってきました。


この点は、既にあなたの知るところだと思います。


念のため再度言いますと、
友人Sが「MC Engine」を開発しているさなか、
収益効率化を図るため私はより高額な利益を稼ぎ出せるよう、
独自の実践方法を編み出しており、

その起爆剤の役割を果たしたのは「某市場へのリンク」だったのです。
※詳細は本ページ上部をご参考下さい。



そこで「MC Engine」のご提供の際は、
対象ビジネス市場の新規参入者を極力抑えるといった名目のもと、

私が研究し編み出した独自ノウハウを除外し、
本来のビジネス市場及び実践ノウハウと「MC Engine」をセットで納品する形と、

私の独自ノウハウ及び起爆剤であった「某市場へのリンク方法」をマニュアル化したものと「MC Engine」をセットで納品するといった、


2つの参加方法を取らせて頂きます。


便宜上、本ページでは、

独自ノウハウを除外したパッケージ:「リストリクション」
独自ノウハウを追加したパッケージ:「ブレイクスルー」


とさせて頂きますが、
この2つの参加方法を取らせて頂く理由は、

“たとえ「リストリクション」でのお申込みであっても、
限定数300名の内にカウントする”


というものです。


パッケージ名 リストリクション ブレイクスルー
MC Engine ツールvar 1.6var 1.6
実践サポート有り有り
ツール設置代行サービス対応対応
収益効率化ノウハウ無し有り
ご提供可能数(共通)300本300本


つまり「リストリクション」でのお申し込みが299名いらっしゃった場合でも、
「ブレイクスルー」の参加枠は残りたったの1名になり、
対象ビジネス市場の新規参入者を極力抑える対策を取らせて頂くというわけです。



小心者と言われればそれまでですが、
私たちにとって「現状の自分たちの利益」を厳守することが第一ですので、
不利益に繋がる可能性を極力減らす方針を取らせて頂くことには、
何卒ご理解いただきたく思います。


とはいえ、本来の実践ノウハウ及びビジネス市場でも、
「MC Engine」を利用するからには収益性は十分ありますし、
本来の作業工程や作業時間が大幅に短縮されるのは確実なので、


その点はご安心頂きたく思います。
また、気になる「リストリクション」と「ブレイクスルー」の「収益差」ですが、

私たちの実績では「ブレイクスルー」は「リストリクション」のおよそ2~4倍、
最大で7倍ほどと言ったところでしょうか。
※当検証に基づく



この収益差は言うまでもなく、
これまでお伝えした通り「完全独自の実践ノウハウ」と「某市場へのリンク」が深く関わっているのですが、

私“個人”の2017年上半期の実績としては、
冒頭でも記載したようにおよそ1,422万円にまで上りました。



14万円でも142万円でもありません。1,422万円です。
※下記の銀行口座は、本ビジネスの収益受け取り専用に開設した口座になります。





20~30代のサラリーマンが「5年」掛けて稼ぎ出す平均収入を、
私はわずか「180日」で稼ぎだしたわけです。



単純計算でいくと、
1,422万円÷6か月ですから、
月収平均はおよそ237万円にまで上ります。



日割り計算で行くと、
237万円÷30日で、
一日平均7万9000円、

時間割計算で行くと、
7万9000円÷8時間で、
1時間平均9875円にまで上ります。
※一日労働8時間として計算
※「ブレイクスルー」での実践として計算



言うまでもありませんが、
他を凌ぐ圧倒的なビジネスツールであり、

これほどまでに収益性が付与されたツールビジネスが、
他にありますでしょうか?


申し訳ありませんが、
私は過去に一度だって耳にしたことがありません。


そしてこの収益性があるからこそ、
私たちはこの現状を保守するべく複数の譲渡条件を設けさせて頂いたのです。


従って上記までに解説させて頂いた各条件については、
何卒ご理解の上お申込みいただきたく思います。
主にパソコンで利用するツールの中に、
ソフトをパソコンにインストールして使用するものがありますが、

「MC Engine」はローカル(パソコン内)で動かすものではなく、
あくまでWEB系のツールになりますので、
利用するにはツール自体をサーバー上にUP、設置し、
インターネット上で利用する流れになります。



そしてこの行程は、
全てあなた自身で行なって頂くことになります。



もちろん、ファイル一式をお渡しする際は、
ツールの設置手順を1から解説したマニュアルもご提供いたしますが、

サーバー契約に始まりツールを実際に利用開始する環境作りまで、
全てあなたご自身でこなさなくてはならないわけです。



しかし、パソコンやネットに対しあまり免疫のない場合や、
マニュアルがあっても自分で正常にこなせるのか不安な場合もあるでしょう。


やって出来ないことは無いが、
ツールを設置する行程等が面倒だと感じる場合だってあるかも知れません。


そういった場合の為に、

私たちはあなたに代わりツールを設置させて頂き、
実際に「MC Engine」の利用を開始できる状態にまで作業を代行させて頂く、

「ツール設置代行サービス」をご用意いたしております。






ただ、指定サーバーの契約だけは、
本人による申し込みが原則ですので私たちでは行えません。


ですが契約済みサーバー情報(ログイン情報)を私たちシステムサポートにお知らせ頂ければ、
ツールの設置作業の全行程を私たちで代行させて頂き、
あなたがすぐにでも利用を開始できる状態にさせて頂きます。
※「ツール設置代行サービス」のご利用は、別途料金が加算されます(詳細は後述します)。


自信がある場合は当代行サービスの必要性はないものと思いますが、
自分でやるのにどこか不安を感じている場合は、
何卒ご利用頂きたく思います。
…さて、ここまで本ページの解説をお読みになって頂き誠にありがとうございます。


本ページの解説をお読みになって頂いているあなたなら、
「MC Engine」の性能や特徴については、
既にご承知のことかと思います。


しかし、実際にあなたが本件にお申込み頂いた場合、
一体どのような流れで「MC Engine」のツールが納品され、
そして利益に繋がるのか…、

よくイメージが出来ていないかも知れません。



何故なら本ページではまだ、
実際の作業ステップの解説がされていないのですから…。


従ってここからは「MC Engine」の納品スケジュール及び、
実際の作業スケジュールをお話ししたいと思います。


この解説を機に、
あなたの頭の中を一度整理頂ければ幸いです。


ではまず、「MC Engine」納品スケジュールは以下になりますので、
何卒ご確認ください。
※全ての行程には、詳細を解説したマニュアルが付属しておりますので、何卒ご安心ください。





続いては「MC Engine」の作業スケジュールになります。
以下からご確認頂きたく思います。








ご覧いただいた通り、
お申し込みから実際にツールを稼働するまで、
特に難しい要素は無いもののはずです。



無論ご参加いただいてからあなたが行うべき全行程は、
「MC Engine」のツールと一緒にお渡しするマニュアル内に、
全て図解入りで解説させて頂いておりますので、
その点はどうかご安心頂ければと思いますし、

先ほども記載したようにツール設置に不安がある場合は、
私たちに設置作業を丸投げする「ツール設置代行サービス」も完備しておりますので、
どの道ご参加からご利用開始までは難なくたどり着くことをお約束いたします。
そして「MC Engine」の操作性ですが、
本ページ上では既にお話しした通り、

機能性のみならず「利用者目線での徹底した操作性」の改良が行われ、
今では小学生ですら簡単に扱えるレベルになっています。



一応ツールの操作を解説したマニュアルも付属しておりますが、
正直なところ

「この簡単な操作だけなら、
マニュアルなんて必要無いのではないか?」


と思ってしまうほどです。


それほど誰でも簡単に扱えてしまうのが「MC Engine」なのです。





従って一度でもビジネスツールを触った事のある場合なら、
この究極に簡素化された「MC Engine」の操作性には驚かれるはずです。


無駄という無駄を省き、
だからこそここまで簡単に操作できるツールは、
世界中探しても他には存在しないでしょう。



また、操作性だけは無く、その卓越した利便性、
つまり使い勝手の良さにも自信がありますし、

何より“収益性”については、
他のツールのそれとは比較にすらならないレベルになっています。
※「MC Engine」の収益性は上記の実績からご確認ください。





そして特筆するべき点としては、
利用していくうえでの継続コストでしょうか。


対象市場において月収100万円を継続的に稼いでいるK氏を唸らせたこの「MC Engine」は、

月額およそ100円~500円程度のサーバー代だけで、
半永久的に使っていく事が出来るのです。


※サーバー代は契約するレンタルサーバによって上下します。
※以下は格安レンタルサーバーの比較表ですので、参考までにご覧ください。





ロリポップ

運営元:GMOペパボ株式会社
無料お試し期間:10日間

料金と機能エコノミーライトスタンダード
年間料金1,200円3,000円6,000円
初期費用1,500円1,500円1,500円
ディスク容量10GB50GB120GB
マルチドメイン20個50個100個
メールアドレス410個無制限無制限
MySQL×1個30個
WordPress×
CGI・SSI・PHP
転送量の目安40GB/日60GB/日100GB/日

公式サイト:https://lolipop.jp/
独自ドメイン取得サービス:ムームードメイン




さくらのレンタルサーバー

運営元:さくらインターネット株式会社
無料お試し期間:14日間

料金と機能ライトスタンダードプレミアム
年間料金1,429円4,762円14,285円
初期費用953円953円953円
ディスク容量10GB100GB200GB
マルチドメイン20個20個30個
メールアドレス無制限無制限無制限
MySQL×20個50個
WordPress×
CGI・SSI・PHP
転送量の目安40GB/日80GB/日120GB/日

公式サイト:http://www.sakura.ne.jp/




スターサーバー

運営元:ネットオウル株式会社
無料お試し期間:14日間

料金と機能エコノミーライトスタンダードプレミアム
年間料金1,512円3,000円6,000円18,000円
初期費用1,500円1,500円1,500円5,000円
ディスク容量10GB50GB100GB150GB
マルチドメイン20個50個無制限無制限
メールアドレス200個500個1000個無制限
MySQL×1個20個50個
WordPress×
CGI・SSI・PHP
転送量の目安50GB/月150GB/月300GB/月1000GB/月

公式サイト:https://www.star.ne.jp/
独自ドメイン取得サービス:スタードメイン




バリュサーバー

運営元:GMOデジロック株式会社
無料お試し期間:10日間

料金と機能まるっとエコスタンダード
年間料金1,599円~2,000円4,000円
初期費用無料1,000円2,000円
ディスク容量25GB50GB100GB
マルチドメイン3個25個無制限
メールアドレス3個100個無制限
MySQL1個1個無制限
WordPress
CGI・SSI・PHP
転送量の目安150GB/月150GB/月300GB/月

公式サイト:http://www.value-server.com/
独自ドメイン取得サービス:まるっとプラン





ビジネスツールというのは、

インターネット上で動かすもの

ローカルで動かすもの

あくまで事務的なもの

収益化を目的とするもの


と様々なものがある中、
その多くの月額利用料は月3000円~となっているのが至極一般的です。


例えば友人Sが日頃から使っている、
システム開発の際に必要な「Adobe Dreamweaver CC」というテキストエディタは、
3,180円(税別)の月額利用料が発生しています。
※月々レンタルプラン


他の「Adobe Photoshop CC」などの製品も、
同様のランニングコストが掛かっているのが現状です。


そんな中、

「MC Engine」は設置先のサーバー代のみで、
あなたの気のすむまで“半永久的に”使い倒すことが出来ます。



「収益性」とは直結していないツールでさえも、
月額3000円弱の継続費用が掛かってしまうのに対し、

「収益性」に直結している「MC Engine」は、
月額わずか数百円程度で使用することが出来るわけです。




ツールビジネスのみならず、どのようなビジネススタイルでもそうですが、
「継続費用」「ランニングコスト」というのは非常にやっかいな要素で、
無視してもしきれない実践上の懸念点だと言えます。


しかし「サーバー代」だけといった「MC Engine」の継続費用は、
他のツール及びビジネススタイルと比較しても極めて安価なものなのではないでしょうか?


私たちの実績上、
毎月7桁に及ぶ利益を稼いだ神話級モンスターツールが、

“あなたのもの”として月額わずか100円~500円程度のコストで使用していく事が出来るのですから…。
ここまでの説明を聞いた上で、
あなたはもしかすると追い上げ式のギャンブルや投資、
アービトラージなどを連想されるかもしれません。


現在流行中のビジネス、
ビットコインなどの仮想通貨を題材としたビジネスツールだと錯覚している場合もあるかも知れませんね。





ただ、「MC Engine」はそういったものとも一切関係の無い、
れっきとしたビジネスモデルに裏付けされた集金構造になっています。



そもそも先立つ費用などもサーバー費以外一切不要であることから、
当然ギャンブルや投資なども一切関係の無いものであることは容易に想像できるかと思います。


かと言って、違法性は当然なく、
グレーな要素やアダルトに関係したものなど、
後ろめたさを感じてしまうような要素などもありません。


合法且つ健全なビジネスシステムであると、
胸を張って断言できるものになっています。



従って当然ながら、実際に実践をしていくにあたって、
金銭をどこかに賭けたり、預けたりする事もありませんのでご安心下さい。
この「MC Engine」というビジネスパッケージに対し、
あなたはどのような印象を持っているのかは分かりません。


「事象」に対する印象は十人十色であり、千差万別だからです。


ただ一つ言えることは、
ここまで完成された「MC Engine」というビジネスツールは、
本ページ以外では絶対に手に入らないという事です。



当初の私たちの方針としては、
「MC Engine」を独占的に使用していき、
そこから得られる利益も私たちだけで独占していくというものでした。


しかし、この度テストモニタを依頼したK氏からの提案もあり、
これほどまでに完成された「MC Engine」は、

このような形で今まさにあなたの目の前にあるのです。


小学生ですら取り組めてしまうレベルの単純化された操作性に加え、
私たちが毎月7桁に及ぶ圧倒的な収益性を叩き出した「MC Engine」が、

もうあなたの手の届くところにあるという事です。



この稀有なチャンスを掴み、
私たち同様の利益を勝ち取っていくのか、

それともみすみすこの機会を棒に振り、
これまでと何ら変わらない日常を送るのかはあなた次第ですが、


どうか「取り逃した後悔」だけはしないように、
あなたなりのステップを踏んで頂きたく思います。
もしもあなたがこの「MC Engine」の開発者なら…。


一体幾らの価値を付けるでしょうか?


本来の作業スキームを大幅に簡略化し、
それに伴う作業時間もおよそ9割以上削減した上で、

本来の市場とは似ても似つかない某市場へとリンクさせるノウハウの影響から、
2017年上半期“個人”総収益高1,422万円を稼ぎ出したモンスターツールに、


あなたなら幾らの「値」を付けるでしょうか?


正直、K氏から「MC Engine」の販売を提案された当時、
「譲渡」ではなく「リース」という方針を取ろうかとも思いました。


月額利用料を頂戴し、
「MC Engine」の利用権を与えるという方針です。


しかしそれは友人Sからハッキリと「NO」と言われました。


「中途半端なことはしたくない。
それならいっそツールを完全譲渡したほうがスッキリするよ。」



それが、私の相談に対する彼からの答えだったのです。


妙にシックリ来る彼の言葉に、
私もすぐさま同じ方針を取る結論に至ったわけですが、

「完全譲渡」という形式を取る以上、
つまるところ「MC Engine」の所有権はお申込みいただいた第三者のものになります。


私たちが築き上げた「MC Engine」というビジネスパッケージを、
そっくりそのまま第三者に明け渡すのですから…。



この前提を踏まえ、
あなたが私たちの立場だと想定した場合、
あなたなら幾らの「値」を付けるでしょうか?


あなたが欲深い性格の持ち主であるなら、
10万や20万は下らない価値で提供するのではないかと思います。


事実、その価格帯でビジネスツールを販売している商品は山のようにあるのが実情ですし。。。


ただ、友人Sが理想とする価格帯は5万円前後だという事もあり、
この度の「MC Engine」はその彼の理想に則らせて頂きますが、
先にも解説しましたように

私たちにとって「現状の自分たちの利益」を厳守することが第一ですので、
対象市場に新規参入者が増加する事を防ぎつつ、
不利益に繋がる可能性を極力減らす方針を取らせて頂くことには、
何卒ご理解とご協力頂きたいと存じます。



以上のことを踏まえ、
「MC Engine」のご提供価格は以下のように定めさせて頂きました。


※お申し込みの際の登録メールアドレスは、YahooかGmailのフリーアドレスをご使用ください。
※それ以外のメールアドレスですと、決済完了後のご案内メールが届かない可能性があります。



※表示価格は税抜きになりますので、お支払い時は8%の消費税が加算されます。
※「ツール設置代行サービス」の途中変更は一切受付ておりませんのでご注意ください。
※商品の販売は、先着300名様にご提供出来次第、予告無しに終了させて頂きます。
※販売終了後の追加受注・生産は一切行いませんので、予めご了承ください。
※お申し込みの際は本ページ最深部の「利用規約」をお読みください。





※表示価格は税抜きになりますので、お支払い時は8%の消費税が加算されます。
※「ツール設置代行サービス」の途中変更は一切受付ておりませんのでご注意ください。
※商品の販売は、先着300名様にご提供出来次第、予告無しに終了させて頂きます。
※販売終了後の追加受注・生産は一切行いませんので、予めご了承ください。
※お申し込みの際は本ページ最深部の「利用規約」をお読みください。



また、「MC Engine」は完全素人目線という事で、
お申し込みから実際にツールを稼働させるまでを徹底的に解説したマニュアルを、
完全図解説として同封しておりますが、

万が一行き詰った場合を想定し、
専属スタッフによるサポート環境を設けさせて頂きました。



実践上のいかなるお問い合わせにも、
誠実かつ真摯に対応させて頂きますので、
不明な点などが生じましたらいつでもお気軽にお問い合わせください。


その他にも、「MC Engine」はWEBツールが主体の商品という事で、
関連先システムの仕様変更などが影響し、
当プログラムに何かしらの誤作動を誘発してしまう可能性がございます。


この点に対応するべく、
私たちはツール自体のアップデートを随時保障させて頂きます。



また、ツールの稼働を日々潤滑に行うべく、
「MC Engine」の定期的なメンテナンスを行わせて頂きます。


従いましてシステム的な面で不安がある場合は、
随時無償で保守対応を行わせて頂きますのでご安心ください。





また、現状のあらゆる質問を想定し、
以下にQ&Aをご用意致しましたので、
一度目を通しておくことをお勧めします。
パソコン初心者です。そんな私でも本当に実践出来ますか?
はい、元より「MC Engine」は完全素人目線で製作されており、ご提供するツール操作マニュアル、実践ノウハウに至るまで全て図解説での収録となります。従いまして例えパソコン初心者の方であってもご安心して始められます。
参加した後、すぐにでも実践する事が出来ますか?
はい、「MC Engine」の教材ファイル一式をお渡しした後、マニュアル通りに事を進めて頂けるのでしたら、すぐにでも実践が可能になります。また、「ツール設置代行サービス」をご利用の際は、最短で即日中にツールを稼働させることも可能になります。
パソコンはMACを利用しているのですが、それでも実践可能でしょうか?
はい、全く問題ありません。「MC Engine」はWEB系のビジネスツールとなりますので、インターネットにアクセスできるパソコンであるなら稼働可能になります。
普段は会社員として働いています。それでも取り組めるでしょうか?
はい、「MC Engine」の取り組みは、実践ノウハウ及びツール稼働作業を含め一日平均120分程度の実践となりますので、その時間さえ確保できるのでしたら十分取り組むことが可能です。
個人情報流出の危険性はありませんか?
はい、個人情報流出の危険性はありません。実践の際にご登録いただく個人情報は、実践上ネット上に公開する事は一切ありませんのでご安心ください。また、本ビジネスは非常に匿名性が強い性質がありますので、あなたが口外しない限り、副業をしている事すら周りに知られる事はありません。
実践上のランニングコストはいくらほどでしょうか?
はい、継続費用につきましては、本ページでも既にお伝えしているように「MC Engine」を設置しているサーバー代のみとなります。ちなみに相場としては、初期費用で1000円~2000円、月額費用として500円~1000円程度となります。
他人に迷惑を掛けたり、違法性などはありませんか?
はい、当然の事迷惑行為にも違法行為にも該当致しませんので、その点はくれぐれもご安心下さい。また、ギャンブル性やアダルト性もありませんので、これらを懸念している場合は何卒ご安心頂きたく思います。
完全在宅で実践できますか?
はい、完全在宅で実践することが出来ます。ただ、それにはご自宅がインターネットに繋がる環境であることが前提となります。裏を返せば、インターネットに繋がる環境及びインターネットを閲覧できるパソコン端末がある状況でしたら、どこに居たって実践可能になります。
すぐに利益が発生しますか?
はい、「MC Engine」は成果実証済みノウハウになります。ちなみに当検証データでは、最短で実践後5日には利益が出始めていますので、他のネットビジネスの中でも極めて即効性のあるビジネスモデルです。
上半期1,422万円とありますが、それ以上稼ぐことは出来ますか?
はい、記載している金額以上を稼ぐことが可能です。上半期1,422万円というのはあくまで私たちが稼働させて得た金額となっておりますので、それ以上の金額を稼ぎ出すことは十二分に考えられます。ただ、当たり前のことですが、利益を稼ぐには継続的にツールを稼働させ、実践ノウハウに取り組んで頂くことが大前提となります。
長期的に稼ぐことは出来ますか?
はい、極めて長期的に稼ぐことが可能です。「リストリクション」「ブレイクスルー」共に、対象市場は今後10年で潰れるほど小さなものではありませんので、「MC Engine」の継続作業さえ続けて頂ければ、極めて長期的に稼いでいく事が可能となります。
途中でパッケージの変更は可能でしょうか?
はい、一度お申込みいただいたパッケージについてですが、途中変更は一切受け付けておりませんのでご了承ください。「リストリクション」から「ブレイクスルー」への変更、また、その逆の場合も然りです。従いまして、お申込みいただく前はあなたご自身の中で慎重に慎重を重ねてご決断頂きたく思います。
「ツール設置代行サービス」を途中で変更することは出来ますか?
はい、「ツール設置代行サービス」の途中変更ですが、こちらもパッケージ同様、一切変更は受け付けておりません。「やっぱり代行サービスをやめたい」「やっぱり自分じゃ無理そうだから代行サービスを頼みたい」といったご要望には、一切受け付けられないという事です。従いまして、お申込みいただく前はあなたご自身の中で慎重に慎重を重ねてご決断頂きたく思います。
利用制限、条件などはございますか?
はい、「MC Engine」の利用条件ですが、私たちの不利益に繋がる行為を一切行わないという前提をご了承頂く必要があります。主な前提としては、「複製や転売を含む当方の不利益に繋がる一切の行為を行わない」というものですが、詳細は本ページ最深部にある「利用規約」をお読みください。
ツールを使う上で、プログラミングやHTMLの知識は必要ですか?
はい、全く持って必要ありません。保障制度に記載しておりますが、「MC Engine」のメンテンナンス及びアップデートは、私たち専属サポートで行わせて頂きますので、実践上プログラミング言語の知識やスキルは一切必要ありません。
利用する上でペナルティなどはございませんか?
はい、私たちの不利益に繋がる行為を行った場合は、誠に遺憾ではありますが実践者様に損害賠償を請求する場合がありますのでご注意ください。詳細は「利用規約」に記載しておりますが、マニュアルに記載している行程や一般的な範囲内でのご使用であるならば、その心配は無いでしょう。
収益の入金頻度についてお教えください。
はい、「MC Engine」で得た利益については、原則的に月1回の入金頻度になります。ただ、「リストリクション」と「ブレイクスルー」では、対象としている市場が異なるため、若干のタイムラグが生じますことをご理解ください。
自分の収益はいつでも確認できるのですか?
はい、あなたご自身の収益については、インターネットを観覧できる端末であるなら、たとえスマートフォンでもガラケーでもご確認いただけます。
実践サポートはきちんとしてくれるのでしょうか?
はい、専属スタッフが24時間365日体制で対応させて頂きます。サポートを要請する際は、お申込みいただいた際の決済情報及びお名前をお伝えいただけるとスムーズになります。ただ、日曜日、祝日に頂いたお問い合わせには、翌営業日の返信になる場合がありますし、サポート期間は本ページでも記載しているように、ご参加から30日間となりますのでご注意ください。









さて、本ページでは「MC Engine」の性能や目的、
特に収益性についての解説をさせて頂いたわけですが、

あなたが「MC Engine」を利用するにあたって、
私に対し一つお約束をして頂きたいと思います。


それは、

「実践ノウハウ及び「MC Engine」のツール起動作業を、
必ずしっかりと継続的に行なって頂く」


というものです。


「MC Engine」の収益性について、
本ページではありのままの事実を掲載しておりますが、

それは言うまでもなく、
「継続的に実践し続けた」という前提があってこそのものです。



従いまして「MC Engine」自体を手に入れたからとは言え、
ノウハウを実践せずツールの起動もしないようであれば、
収益などいつまで経っても稼げません。


至極当然の理屈ではありますが、

目の前に収益性の高いビジネス案件があっても、
「実行」しない事には利益もへったくれも無いわけです。



それに何より、宝の持ち腐れ…です。


これらのことから、
あなたには「必ずしっかりと継続的に行なって頂く」とお約束頂いたうえで、
この度のオファーにお申込みいただければと思います。


※お申し込みの際の登録メールアドレスは、YahooかGmailのフリーアドレスをご使用ください。
※それ以外のメールアドレスですと、決済完了後のご案内メールが届かない可能性があります。



※表示価格は税抜きになりますので、お支払い時は8%の消費税が加算されます。
※「ツール設置代行サービス」の途中変更は一切受付ておりませんのでご注意ください。
※商品の販売は、先着300名様にご提供出来次第、予告無しに終了させて頂きます。
※販売終了後の追加受注・生産は一切行いませんので、予めご了承ください。
※お申し込みの際は本ページ最深部の「利用規約」をお読みください。





※表示価格は税抜きになりますので、お支払い時は8%の消費税が加算されます。
※「ツール設置代行サービス」の途中変更は一切受付ておりませんのでご注意ください。
※商品の販売は、先着300名様にご提供出来次第、予告無しに終了させて頂きます。
※販売終了後の追加受注・生産は一切行いませんので、予めご了承ください。
※お申し込みの際は本ページ最深部の「利用規約」をお読みください。



最後までお付き合い頂きありがとうございました。


ご覧の通り本ページでは、
「MC Engine」のあらゆる機能の解説に始まり、
あなたが実際に行っていくべき作業行程を公開させて頂いております。


「MC Engine」を手にするのかしないのかは、
本ページに記載したすべての解説をご確認頂けた上でご決断ください。


また、あなたがもともとネットビジネスのスキルが多かれ少なかれあるようであれば、
「MC Engine」の全容はすぐにでも十分にご理解頂ける内容になっているはずです。



だからこそ、もともと本対象ビジネス市場に携わった事のある場合、
「MC Engine」のツールを実際に手にしたときは、
K氏同様「こういうのを待ってた!」と歓喜されるかと思います。


そして何故、私たちがこれだけの「好環境」を提供するのか…、
言うまでもなく私たち自身がこのビジネスモデルに対し、
それだけの絶対的な自信を持っているからに他なりません。


自信があるからこそ、
あなたには100%の確信を持って参加をご決断頂きたいのです。



その上で、「MC Engine」はある一定期間で上昇する価格設定を設けております。

つまり、刻一刻と価格上昇の期限が迫っている状況にあるのです。


どうか、あなたが後悔する前に、
この夢のようなツールを手にして頂ければと思います。
Copyright (C) 2018 MC Engine All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。
【特定商取引法に基づく表記】